ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » 好敵手オンリーワン (4)(至道流星)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


好敵手オンリーワン (4)(至道流星)

好敵手オンリーワン4 (講談社ラノベ文庫)好敵手オンリーワン4 (講談社ラノベ文庫)
(2013/03/01)
至道 流星

商品詳細を見る


覚醒

 桜月神社の桜月弥生が始めた神道式の格安葬儀サービスと、天都教会の天都水貴が始めた専門学校法人の理事長就任は、暗礁に乗り上げた。前者は既存の葬儀事業を手がける宗教団体から猛反発を受け、後者は改革に反対する教職員が組合を結成したのだ。彼女たちのモチベーションの根底にある高校三年生の孝一郎は、彼女たちを助けるために出来ることをしようと決意する。しかし、それは中々の難事でもあった。
 宗教団体は葬儀事業中止に追い込むために右翼団体を雇い、神社前で街宣活動を繰り広げる。教職員組合は未来を指向することもなしに賃上げ要求を繰り返す。警察に相談してもけんもほろろだし、手ひどい失敗で弥生や水貴の精神もダメージを受けている。そしてその余波は、巫女&シスターカフェにも波及し、営業が出来ない状態に追い込まれていた。

 これまではヒロインのサポート役に徹していたコーイチローが、自分の仕事として敗戦処理を行ったり、新規事業を立ち上げようとしたりする。
 主人公はヒロインや周囲の女の子にモテモテで、自己評価は低いが周囲の評価は高い。本当に、作者の他の作品とは全く毛色が違う。ヒロインたちの事業が結局赤字になってしまうところも異色だ。読者のターゲット設定がまるで違うのであろう。結局、女の子は格好良い男の子に守られると言うことなの?




至道流星作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4451-10e2a423

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。