ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » 森羅万象を統べる者 II 〝閉じた小部屋〟 上(水月紗鳥)

森羅万象を統べる者 II 〝閉じた小部屋〟 上(水月紗鳥)

森羅万象を統べる者II 〝閉じた小部屋〟上 (MF文庫J)森羅万象を統べる者II 〝閉じた小部屋〟上 (MF文庫J)
(2013/02/22)
水月紗鳥

商品詳細を見る


神聖視するがゆえに

 異能者の日本に於ける総元締めである《御園》の《長》の血脈は《万能》の異能を持っている。その持ち主は、現《長》である御園日向と、その従妹にして妹である御園皐月のみだ。
 あらためて妹として御園日向の許で暮すことになった御園皐月は、御園日向と綾川鈴莉のイチャラブっぷりにも大分馴れてきた。それは、御園日向の秘書にして従姉である御園由枝から言わせれば、毒されていると言うことでもあるらしい。

 《御園》の本家筋の一人として、《御園》の仕事を教わるべく、本部へと連れて来られた御園皐月は、隠蔽班班長の12歳の少女の月詠詞香と出会う。《長》の部屋で暮す月詠詞香は、御園日向を神のごとく崇めていた。
 御園日向のことは尊敬しつつも、口先では軽んじているように見える御園皐月は、月詠詞香から見れば許しがたい存在だ。ゆえに月詠詞香は皐月に突っかかっていくことになる。

 冒頭から相変わらずエロい絡みが描かれています。




水月紗鳥作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4437-46474b96