ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 宇宙兄弟 (20)(小山宙哉)

宇宙兄弟 (20)(小山宙哉)

宇宙兄弟 20 (プレミアムKC)宇宙兄弟 20 (プレミアムKC)
(2013/02/22)
小山 宙哉

商品詳細を見る


夢の結実

 CES-62の月面ミッションにアレスIで旅立ったビンスを管制室でサポートするキャプコム担当宇宙飛行士の南波六太は、ビンスとピコの夢を乗せた月着陸船“RICK”にまつわる話を思い出していた。片田舎の炭鉱の街で出会った、宇宙を目指す3人の少年の夢が、いま、結実する。
 NASAを去った南波日々人がいつか合流することを信じ、金子シャロン博士の月面望遠鏡計画にアサインされることを目指して、日々の業務に全力投球するムッタだったが、その計画が始まるCES-66に、ムッタを含む“ジョーカーズ”のアサインを提案するバトラー室長に対し、プログラムマネージャーのゲイツが反対票を投じる。その理由とは?

 飛行機に乗って計画書を読むムッタとか、日常の小ネタが差し挟まれて面白い。夢が叶ったビンスたちに対し、ムッタたちの夢は叶うのか?









小山宙哉作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4425-6bb82d67