ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » 空知らぬ虹の解放区 (2)(秀章)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


空知らぬ虹の解放区 (2)(秀章)

空知らぬ虹の解放区2 (ガガガ文庫)空知らぬ虹の解放区2 (ガガガ文庫)
(2013/02/19)
秀章

商品詳細を見る


性癖と人格

 異性交遊禁止の聖ヶ原学園に存在する同人誌頒布団体「脳内解放区」「与会」の抗争に巻き込まれた風紀委員の軒原拓馬は、脳解のリーダーの辻ヶ堂山吹に「芹香の日記」を読まされ、ロリコンとして開花した。結果、学園のアイドルの中学生の絹針蘭を衆人環視の前で脱がすことになったり、マリア座の怪人として幼なじみの小瀬村衣舞に追われることになってしまった。
 誤解からとはいえ、マリア座の怪人におびえる絹針蘭の付き人となった軒原辰巳は、彼女の高飛車な物言いに切れかけるのを、友人の光武悠に宥められながら、役目を果たしていた。そうこうするうち、彼の前に与会のボスが現れ、与会の真実を明らかにして行く。

 一方、マリア座の怪人として絹針蘭に謝罪しに行った拓馬は、小瀬村衣舞に正体を知られてしまう。幼なじみがロリコンだと知った小瀬村衣舞は混乱し、好きな相手に拒絶された拓馬は、憔悴してしまう。そんな彼を元気づけるべく、カイト・ルミ・ガク・モエを率いる小学生の杉麗奈は、風紀委員会を率いる校長の斉木翔子の指示を受けた化学教諭の倉沢綾子に唆され、拓馬の前で服を脱いでズボンを脱がそうとするのだった。

 シリーズ最終巻。無理矢理まとめた感じで、あっさりと回収した伏線が多い。




秀章作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4422-b6f104b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。