ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » ドラゴンチーズ・グラタン 竜のレシピと風環の王(英アタル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ドラゴンチーズ・グラタン 竜のレシピと風環の王(英アタル)

ドラゴンチーズ・グラタン (このライトノベルがすごい! 文庫)ドラゴンチーズ・グラタン (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/02/09)
英 アタル

商品詳細を見る


竜のシェフ

 ヴィーディル食堂の見習いであるレミオ・ビアンカは、料理と医学の分野で、国が認める権威であるソルヴァンノの資格を取るべく日々、努力している。だが、兄姉のようなチェノ、ミリー、コーガ・テツムラからみれば、実力はまだまだだ。それは料理の腕だけでなく、ヴェルキア器官によってプリオティーモを抽出し、風環を生み出すような技術についても言える。
 そんなレミオは、とあるきっかけで、アイソティアと人間のハーフである少女クレアと知り合う。先天的な病気のため、食事が上手くとれない彼女にも食べられる料理を作るため、マンドラゴラを取りに出かけた屋まで、密漁者を率いて竜を狩ろうとするバレロン・ジャネロと、それを阻止しようとするアイソティアの少女アトラ・ヴェルデと出会うのだった。

 「吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア)(内堀優一)」「ドラゴンライズ(水市恵)」を足したような設定。キャラクターが今ひとつ上手くはまっていない感じなので、工夫が必要かも。




英アタル作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4410-30cdafe1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。