ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ファンタジー » ストライク・ザ・ブラッド (6) 錬金術師の帰還(三雲岳斗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ストライク・ザ・ブラッド (6) 錬金術師の帰還(三雲岳斗)

ストライク・ザ・ブラッド 6 錬金術師の帰還 (電撃文庫)ストライク・ザ・ブラッド 6 錬金術師の帰還 (電撃文庫)
(2013/02/09)
三雲岳斗

商品詳細を見る


寸止めの女帝

 妹の暁凪沙や《剣巫》姫柊雪菜、《模造天使》叶瀬夏音が通う中等部は、もうすぐ本土への宿泊研修で絃神市をしばらく留守にする。獅子王機関の幹部・縁堂縁の配慮で、その間は吸血鬼の第四真祖の監視任務が解かれ、代わりに《舞威媛》煌坂紗矢華の姿をしたメイド式神がその任に当たる予定だ。厳しい監視から解き放たれて、暁古城も少し息抜きが出来そうだ。
 暁古城がしばらくの間、一人暮らしになる。それを知った《電子の女帝》藍羽浅葱は、口先では憎まれ口を叩きながらも、隙あらば手料理を振る舞おうと料理の特訓に励み出す。ところが、錬金術師ニーナ・アデラードの弟子を名乗る天塚汞が、賢者の霊血(ワイズマン・ブラッド)を求めてやって来たことで、彼女にも災難が降りかかることになるのだった。

 天塚汞を排除するために、攻魔官《空隙の魔女》南宮那月や《過適応者》矢瀬基樹が暗躍する中、その魔手は叶瀬夏音に迫っていく。妹の身を案じるアルディギア王国の第一王女ラ・フォリア・リハヴァインは…。

 今回はハーレムの人員は増えなかった模様。もっとも、藍羽浅葱に対する寸止め感は益々拍車がかかっているけれどね。




三雲岳斗作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4404-7a6e0ef9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。