ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ミステリー » エーコと【トオル】と部活の時間。(柳田狐狗狸)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


エーコと【トオル】と部活の時間。(柳田狐狗狸)


エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)
(2013/02/09)
柳田狐狗狸

商品詳細を見る


わき上がる復讐心

 マスコミ報道されたある事件の結果、【エーコ】とあだ名され、孤立するようになった化野結果は、皆部活の原則に従い、部員がいない化学部に所属することになった。顧問で新任教諭の美人、雪村純白は、エーコと交流を持とうとするのだが、エーコはそれを拒絶する。
 ある意味で学校から特別扱いされるエーコは、三年生の浮嶋棗や金沢朱実に絡まれたり、かつての事件の関係者である松本友美から逆恨みをされたりする。そんな彼女が放課後を過ごす部室には、一体の古びた人体模型トオルがあった。

 明らかに中の人がいると分かるボイスチェンジャーの声で話すトオルを疎ましく思いながらも、トオルとは会話を重ねるようになる。さらには、生徒会副会長の素草有紀とも話すようになり、それが切っ掛けで生徒会長の水野透子とも知り合うことになるのだった。
 ところが、街では炎の魔術師という放火犯が現れ始め、校内では人体自然発火現象が起こり出す。そしてその被害者が浮嶋棗や金沢朱実であり、犯行時に彼女たちの傍に居たことから、エーコも警察に疑われることになる。

 かつての事件で知り合った刑事の軽部重法から情報をもらい、自分の無実を明らかにするために捜査進めるうち、事件には公塚円という少女が関係していることが明らかになっていく。

 第19回電撃小説大賞金賞受賞作品。




柳田狐狗狸作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4400-7ae15172

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。