ふらりとゆけ! ホーム » 未来ファンタジー » 《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱(津田夕也)

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱(津田夕也)

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)
(2013/01/30)
津田夕也

商品詳細を見る


神様に娯楽を提供

 一人暮らしをする神園裕希の部屋に、ある朝、近未来的なコスプレをした少女が現れる。彼女は<デイドリーマーズ・ストラグル>実行委員会プレイング・チュートリアルNo.42と名乗り、裕希を悠久の未来人が立ち上げた暇つぶしのゲームへ誘う。
 <デイドリーマーズ・ストラグル>は、22世紀の子供のおもちゃである、高電圧を放出して自死する<電光カナブン>を弾丸にした自動追尾銃<虫撃ち>を初期装備として渡され、どんな願いでも叶えるために必要な<投げ銭>と、敗者に対する<勝者命令>の権利を得るために戦うゲームである。武器は極めて殺傷力が高いものが多いが、戦闘中に死んでもゲームが終われば時間は巻き戻るので、死はリセットされる。

 やるともやらないとも決めない間に、友人の女装好きな天宮綴や、コンピ研部長のセンパイが参加を決めてしまったため、一緒に参加することにした裕希だったが、それは、漫研部の苗木咲楽や黒見夕霞、新任教師の上水流雷花、そして最強の一角、櫛蛇姫乃との激しい戦いの始まりだった。

 第14回えんため大賞特別賞受賞作「スラップスティック・デイドリームス」を改題。未来の道具を使って、互いに対する情報が制限された中で殺し合い、自らの目的を達するゲームを描くのだが、主人公がダウナー系なので、スプラッタ感は薄い。
 ヒーロー自身というよりは、ヒーローに見守られる友人のポジションを中心に描いている気がする。作者は海外SFが好きそう。




津田夕也作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4384-22fc3b8d