ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 今際の国のアリス (6)(麻生羽呂)

今際の国のアリス (6)(麻生羽呂)


今際の国のアリス 6 (少年サンデーコミックス)今際の国のアリス 6 (少年サンデーコミックス)
(2013/01/18)
麻生 羽呂

商品詳細を見る


招待の理由

 宇佐木柚葉に救出された有栖良平は、びーちを会場として始まったげーむ「まじょ狩り」のまじょを見つけるため、主催者の思考を想像する。だが、彼が悩んでいる間にも、びーちでは疑心暗鬼に陥った人々が殺し合いを続けるのだった。
 今際の国に招待されたびーちの人々の過去のエピソードを回想しつつ進めるため、かなりテンポが遅く感じられる。

 特別編として前巻から収録されている、親友に憧れの女の子を横からかっさらわれた高校生、堂道隼人のアリスゲーム攻略の様子を描くエピソードも完結を迎えている。




麻生羽呂作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4365-5a2ec863