ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 (5)(左京潤)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 (5)(左京潤)


勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。5 (富士見ファンタジア文庫)勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。5 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/01/19)
左京 潤

商品詳細を見る


結婚したくなかったのでメイドがオムレツで勝負しました

 マジックショップ・レオン王都店店長セアラ・オーガストや副店長バイザー・クロスロードの下で、勇者になれなかったラウル・チェイサーや元同級生のアイリ・オルティネート、魔王の娘フィノ・ブラッドストーンはショップ店員としての人生を歩んでいた。
 そんなある日、ライバル店である大手量販店のアマダ王都本店店長のクラウド・パトリックと副店長のカレン・ディレクトリがやってきて、フィノをクラウドの嫁にもらいたいと申し入れをしていく。

 ラウルはその申し出を断るのだが、クラウドはチャリティーイベントでメイド喫茶を出店し、オムライスの売上で勝負を決めようと提案してくる。そして、事態がよく分かっていないフィノは、店を守るためにその提案を受けてしまうのだった。
 フィノを守るために一致団結するレオン王都店のメンバーだが、セアラと因縁のあるカレンは、前店長のクアン・セグメントの指示するままに、妨害活動を仕掛けてくる。その結末は?




左京潤作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4364-d7a5a19e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。