ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 飛べない蝶と空の鯱 (3)(手島史詞)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


飛べない蝶と空の鯱 (3)(手島史詞)

飛べない蝶と空の鯱 3 (ガガガ文庫)飛べない蝶と空の鯱 3 (ガガガ文庫)
(2013/01/18)
手島 史詞

商品詳細を見る


過去と現在を結ぶ人々

 武装郵便屋「蝶と鯱」を営むウィリアム・スターリングとジェシカ・シルバーベルの許にやって来た新たな依頼は、かつて二人が共に出会ったことがある元渡り鳥ビルギッド・ギリアンに封書を届けるというものだった。
 一方、レンは、その依頼主ヘイムアルが事務所に置いていった封書をウィルたちに無断で持ち出し、ヒルデガルド・フォン・ヴィンケンと執事のフォルネウス・ファン・マルドゥークと共に読んでしまう。それは、かつてウィルとジェシカ、ビルギッドが出会った時の記憶だった。

 過去の出来事を背景として語りつつ、現在の状況が生まれた理由を解説する構成となっている。




手島史詞作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4362-ce4ff4eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。