ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » 式の前日(穂積)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


式の前日(穂積)

式の前日 (フラワーコミックス)式の前日 (フラワーコミックス)
(2012/09/10)
穂積

商品詳細を見る


ないからこそあるもの

 女性の金髪率が異様に高い気がする。何かコンプレックスでもあるのだろうか?全般的に、存在しない人物が物語に影響を強く残している構成となっている。

「式の前日」
 社会人三年目の俊明と、八歳年上の姉である絵里との日常を切り取った短編。タイトルから分かるように、姉は明日、嫁ぐ。ただの日常に込められる深い思いの理由とは?

「あずさ2号で再会」
 アパートの一室で父のやってくるのを待っている7歳の少女あずさ。暑い夏の日、あずさが食べたいと思っているアイスを携えて、父はやってくる。父と娘が頻繁に会えない理由とは?

「モノクロ兄弟」
 高校時代の友人の由紀子の葬儀で久しぶりに会った双子の兄弟の禄郎と志郎。彼らはとある居酒屋で、既に過ぎ去って取り戻せない日の選択を後悔する。そして…。

「夢見るかかし」
 親に捨てられカンザスの親戚の家に引き取られたジャックの生き甲斐は、妹のベティを守ることだった。しかし、長じるに従い兄の束縛から離れ、妹は独り立ちをしていく。それに耐えきれなくなったジャックは、ニューヨークに逃げ出した。そんな彼の許に、妹の結婚を知らせる手紙が届く。一体誰が送ったのか?

「10月の箱庭」
 一本きりしか小説を出版したことのない作家である篠田和徳の許に、見覚えのない親戚の娘が訪ねてくる。居候しだしたその娘は、ちっとも小説を書こうとしない篠田にことあるごとに干渉してくるのだが…。

「それから」
 「式の前日」の後日談。




穂積作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4319-65b07a10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。