ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » 東京レイヴンズ (4) GIRL RETURN & days in nest I(あざの耕平)

東京レイヴンズ (4) GIRL RETURN & days in nest I(あざの耕平)

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫)
(2011/05/20)
あざの 耕平

商品詳細を見る


春の嵐

 土御門夏目や阿刀冬児だけでなく、土御門春虎も無事に陰陽塾二年生に進級した。晴れて後輩が出来る入塾式の日、塾長の倉橋美代に紹介されて新入生として現れたのは、あの大連寺鈴鹿だった。独立祓魔官の木暮禅次朗は講師の大友陣に、入塾後の大連寺鈴鹿の身柄を託す。
 大連寺鈴鹿の意外な攻撃を直接的に受けた土御門春虎のみならず、土御門夏目も彼女の登場には不安を感じていた。なぜなら、男子生徒として通う夏目が巫女服を着て明らかに女子であることを、彼女は目撃しているからだ。夏目は、鈴鹿から身を隠そうと必死になる。

 そんな長編の他に、陰陽塾での日々を描く短編を4本収録。男子寮寮母の富士野真子と女子寮寮母の木府亜子、春虎をデートに誘う上級生の木ノ下純などが登場する。




あざの耕平作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4295-b38a83c2