ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » デート・ア・ライブ (6) 美九リリィ(橘公司)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


デート・ア・ライブ (6) 美九リリィ(橘公司)


限定版 デート・ア・ライブ 6    美九リリィ (グッズ付書籍)限定版 デート・ア・ライブ 6 美九リリィ (グッズ付書籍)
(2012/12/13)
橘 公司

商品詳細を見る


祭が呼ぶ争乱の気配

 来禅高校文化祭は、近隣十校の合同文化祭である天央祭の一環として開催される。実行委員の山吹亜衣、葉桜麻衣、藤袴美井の強行採決により、文化祭実行委員となった五河士道は、竜胆寺女学院の天央祭実行委員長の誘宵美九が〈ディーヴァ〉と呼ばれる精霊であることに気づく。
 ラタトスク機関所属空中艦〈フラクシナス〉司令の五河琴里は、すぐさま士道に攻略を命じるのだが、美九は徹底した男嫌いだった。結果、攻略は五河士織に託されることになる。

 一方、陸上自衛隊対精霊部隊AST隊長の日下部燎子は、DEM(デウス・エクス・マキナ)社からの出向者10名を受け入れていた。しかし彼女に指揮権はなく、出向者たちはサー・アイザック・レイ・ペラム・ウェストコットとエレン・M・メイザースからの指示により、〈プリンセス〉夜刀神十香と五河士道の捕獲作戦を決行しようとしていた。
 崇宮真那三尉の顕現装置〈ホワイト・リコリス〉を無断利用したことで謹慎していた鳶一折紙一曹は、五河士道と共に天央祭の準備に明け暮れていたものの、その天央祭に不穏な気配があることを知り、戦場に赴くことを決断するのだった。

 次巻が気になるところでの引きとなっており、ちょっと落ち着かない感じがする。春にアニメ化を控えているらしいので、色々と大人の事情もあるのでしょう。









橘公司作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4286-00714d6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。