ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » 東京レイヴンズ (3) cHImAirA DanCE(あざの耕平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


東京レイヴンズ (3) cHImAirA DanCE(あざの耕平)

東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)
(2010/12/18)
あざの 耕平

商品詳細を見る


大人に振り回される少年少女

 土御門春虎が土御門夏目が通う陰陽塾に入学して半年が過ぎた。もうまもなく進級テストを迎えるため、夏目から必死で知識を詰め込まれる春虎だが、ちっともその成果は見られない。
 起死回生の実技試験を目前に控え、阿刀冬児は塾長の倉橋美代に呼び出しを受ける。それは冬児に次の実技試験の課題に関する心構えをさせるものだった。

 一方、講師の大友陣は、古巣の陰陽庁呪術捜査部部長の天海大善から呼び出しを受ける。それは、二年前の霊的災害を引き起こしたとある組織の残党が再び活動を開始したことを知らせるものだった。そしてそれは、冬児に試練をもたらすことになる。

 新たな十二神将として、独立祓魔官の木暮禅次朗や鏡伶路という、独特のキャラクターが登場して、夏目の周囲をかき回し始める。そんな大人に振り回される少年少女の奮闘がキモだ。




あざの耕平作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4275-ef0a0a32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。