ふらりとゆけ! ホーム » 熱血青春 » ちはやふる (19)(末次由紀)

ちはやふる (19)(末次由紀)

ちはやふる(19) (BE LOVE KC)ちはやふる(19) (BE LOVE KC)
(2012/12/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


一つの座を巡る執着

 名人戦・クイーン戦の前哨戦となる吉野会大会A級準々決勝には、白波会四名、福井南雲会二名が残った。綾瀬千早の対戦相手は、四連覇の経験を持つ前クイーンの猪熊遙だ。真島太一は須藤と、原田先生は村尾慎一と、坪口さんは綿谷新と対戦する。
 広島県かるた協会所属の専任読手、廣田幸一郎六段の読み上げのもと繰り広げられるのは、それぞれの能力を振り絞って行われる激戦だ。山城理音との勝負で音の聞き分けをつかみ始めた千早は戦いを有利に進めるのだが、全盛期の感覚を取り戻し始めた猪熊遙に、さらに深い聞き分けの妙技を見せつけられる。各勝負の行方は?

 ママにしてクイーンを目指す猪熊遙の描き方に凄く力が入っている。子供が競技場に入ってきてからの、自分を自覚していく流れなどはその最たるものだ。親であっても個であるという人生観みたいなものが前面に出て圧倒する。
 そんな彼女に相対する千早を支えるのは、自分自身ではなく、自分自身をこの場所まで連れてきてくれた誰かに対する信頼だ。それは、若宮詩暢であり、綿谷新である。そこに真島太一という名前が入っているのかは、今はまだ分からない。




末次由紀作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4259-c82b045d