ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 進撃の巨人 (9)(諫山創)

進撃の巨人 (9)(諫山創)

進撃の巨人(9)限定版 (プレミアムKC)進撃の巨人(9)限定版 (プレミアムKC)
(2012/12/07)
諫山 創

商品詳細を見る


紛れ込む人々

 壁に埋め込まれていた巨人の秘密を知るらしきニックという司祭を連れ、エレン・イェーガーとミカサ・アッカーマンはリヴァイ兵士長やハンジ・ゾエと共に、破壊されたというウォール・マリアを目指す。
 巨人たちがやって来た方角には、サシャ・ブラウスやコニー・スプリンガーの生まれ故郷があった。彼らは自ら志願して、立体機動装置なしで前線へと向かう。

 回想シーンが組み込まれるのだが、非常に分かりにくい。コマ割りも絵もあんまり進歩していないように思えるなあ。いっぱい売れているのにね。
 アニメ化するらしいので、上手なシリーズ構成が成されて分かりやすくなることを祈るよ。そうすればもっと原作も売れるだろうしね。









諫山創作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4238-8793df62