ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » うちの居候が世界を掌握している! (2)(七条剛)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


うちの居候が世界を掌握している! (2)(七条剛)

うちの居候が世界を掌握している!  2 (GA文庫)うちの居候が世界を掌握している! 2 (GA文庫)
(2012/07/17)
七条 剛

商品詳細を見る


金も権力も持つ主人公のハーレム

 世界的企業オリオンリュートの創業者である中学生の笹取真哉は、飯山工務店支部を創設し、飯山家に居候することになった。一緒に暮らすのは、長女の飯山桃香、次女の飯山莉子、三女の飯山優希だ。
 既に博士号も持っている真哉だが、家族を知るために人生をやり直すことにし、中学校にも通い直すことにした。ところが、既に絶大な権力を持っている事実は隠していても滲み出るらしく、生徒や教師からやっかみを受けることになる。そのせいで、図書委員の手伝いをすることになったのだが、そこで出会ったのが、飯山莉子の唯一の友達である相田小雪だった。

 その頃、彼らの通う学校では、謎のゲームが配布されているという噂が広がる。ところがなかなかそのゲームを手に入れることは難しいらしく飢餓感だけが募っていく。ゲーム好きな優希のために手に入れようとする真哉だったが、その過程で非常に興味深いものを見つけるのだった。

 社長、中学校で人材採用をするの巻。中学校の中だけで話は進むけれど、実は第三次世界大戦の危機が目前に迫っていたという。
 ところでこの作品、ラブコメとしてはどうなんだろう。だって、大金持ちの男に迫るなんて、実に現実的な行為じゃないかい?たまたま主人公が15歳だからこれまでそういう経験は少なかったろうけれど、あと5年も経てば、うようよ寄ってくる立場だろう。つまりこのラブコメは、青田買いということなのでは?打算の下で動いていると曲解されかねないな。




七条剛作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4236-160996c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。