ふらりとゆけ! ホーム » アクション » 黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir(地本草子)

黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir(地本草子)


黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir (集英社スーパーダッシュ文庫 ち 1-1)黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir (集英社スーパーダッシュ文庫 ち 1-1)
(2012/11/22)
地本 草子

商品詳細を見る


初恋は世界を巻き込んで

 アッシリアで両親を殺害され、民間軍事会社ムーンエッジ代表の養子となった篠原禊は、ラングレーの対外工作管理官ブルックリンの依頼を受け、櫻谷学園に潜入して、十河正臣という少年を監視・護衛することとなった。
 なぜか高高度降下低高度開傘で潜入することになった篠原禊は、十河正臣の上に尻から落ちるという失態を犯してしまったものの、エイプリル・シフォンフィールドというアメリカ系の少女に懐かれつつ、大企業令嬢の瀬戸遙香と執事の藍原志郎と知り合いつつ、十河正臣のクラスメイトとして監視を続けていた。

 だがやってくる夏休み。これまで通りでは監視もままならない。その焦りを勘違いしたエイプリルは、禊と正臣のデートを画策する。

 ライトノベルのテンプレートを斜めから解釈したような設定だ。空から少女が降ってくるのはHALOの結果だし、世界の運命を巻き込んだ初恋は政治的で軍事的な理由になっている。ラブコメしていたはずが、いつの間にやら襲撃されたりするし、恋のドキドキは銃撃戦のドキドキに変わっていく。
 あまりにも趣味的で一部の人にしか受けない可能性が高いが、たまにはこういう作品があっても良いと思う。




地本草子作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4204-17d7be95