ふらりとゆけ! ホーム » 熱血青春 » ボールルームへようこそ (1)(竹内友)

ボールルームへようこそ (1)(竹内友)

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/05/17)
竹内 友

商品詳細を見る


衆目の焦点で熱く燃える

 進路に迷う中学三年生の富士田多々良は、バイクに乗っていた男の勘違いで、小笠原ダンススタジオに体験入学することになる。そこにやって来たのは、同じように職員室で進路指導を受けていた花岡雫だった。
 職員室にいたときは、同じように進路に迷う中学生と言うことで親近感を抱いた多々良だったが、社交ダンスをする彼女を見て、自分とは全く違う、目標を持った中学生に気後れを感じてしまう。

 そのままダンススタジオに行くことはなくなると思われたのだが、綺麗なお姉さんのたまきが鞄にそっと仕込んだ、バイク男、仙谷要のダンスDVDを見て、社交ダンスに魅せられてしまうのだった。

 社交ダンスは以前、バラエティ番組で見た程度の知識しかないが、相当ハードであることは何となく分かっている。そして、種目によって全く違う様相を見せる多様さと、そのエネルギーに圧倒された記憶がある。この作品は、そんな世界を垣間見せてくれる。

 主人公はカツアゲの標的にされる中学生で、誰も自分のことに注目してくれないことを受け入れてしまっている人物だ。ゆえに、舞踏場で激しい自己主張をするダンサーたちに憧れを感じる。
 普通であれば、紆余曲折、過程は様々あれど、結局は憧れは憧れのままで終わってしまうところ、幸か不幸か、この主人公には上手い人の振り付けを盗めてしまえるような目があった。そしてそれは、将来を嘱望される花岡雫のパートナーの兵藤清春に火をつけることになる。




竹内友作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4201-fe9afc4b