ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » ヘルズキッチン (8)(天道グミ / 西村ミツル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ヘルズキッチン (8)(天道グミ / 西村ミツル)

ヘルズキッチン(8) (ライバルKC)ヘルズキッチン(8) (ライバルKC)
(2012/11/02)
天道 グミ

商品詳細を見る


偽物は本物を駆逐するか?

 応用生物学部長のユーリ・ドラグノフの野望である、世界から調理を無くすという方針に反発し、悪食伯爵ドグマの企みによって調理学部の代表となった守屋悟、半井義淵、森崎要、秋山エレ、美波サガネ、松尾ミカヅキ、レヴィ・ゴルゴダ、雲居蜜郎らは、応用生物学部の代表である視覚担当・東条ラウジ、聴覚担当・西園寺舞、味覚担当・北方秀次、触覚担当・星南トウカと対戦することになった。嗅覚代表は、調理学部の立花京だ。
 初戦、秋山エレは西園寺舞に完敗してしまい、そのことが調理学部の選手たちの心に火をつける。次の対決は、視覚勝負だ。

 途中、ストーリー展開が分からなくなる部分があった。おまけページが多いことと重ね合わせて考えると、ひょっとすると一部を落としたのか、あるいはカットになったのだろうか?もしそうだとすると、単行本化の時点で加筆しないのは怠慢だと思うし、そうではないならば構成力があまり高いとは言えない気がする。最低限、時系列は分かるようにして欲しいところだ。




天道グミ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4146-c19f30cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。