ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » ドリーミー・ドリーマー(弥生志郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ドリーミー・ドリーマー(弥生志郎)

ドリーミー・ドリーマー (MF文庫J)ドリーミー・ドリーマー (MF文庫J)
(2012/10/24)
弥生志郎

商品詳細を見る


夢で終わりじゃない

 柊木樹はある日気づくと、荒木笹船作のドリーミー・ドリーマーというギャルゲーの主人公になっていた。わずか二週間を八カ月も繰り返し、全てのヒロインを攻略したものの、ゲームの世界から抜け出すことができない。そんなとき、彼の前に朝比奈桜という転校生の少女が現れた。これまでの八ヶ月間にはなかった展開だ。
 親友キャラの伊吹悠斗や、彼の幼なじみである桐谷真理に協力してもらい、朝比奈桜と仲良くなって脱出の糸口を探ろうとするのだが、真の意味でのバッドエンドになってしまう。

 くじけそうになる樹は、妹役の彩芽に慰められ、再度、桜、悠斗や真理と向かい合う決心をしたものの、ゲームの中の束の間の幸せに逃げ込むことを覚えてしまう。だが、何度も後悔を繰り返し、彼がたどり着く先は、現実世界にあったのだ。

 ゲームの中で培った思いは偽物ではなく、それを現実に反映させることで、ゲームの中で望んだような幸せを現実にももたらそうとするというお話だ。逃げ込む先だったゲームが理想を育む場となり、理想だけに終わらせないように頑張るというわけだ。
 お話としては悪くない感じがするのだが、なぜかパッとしない印象も受けてしまう。それはおそらく、ゲームの世界と現実の世界の区別が分かりにくいからではないだろうか。結局、どちらの世界でも同じキャラクターが同じように動くわけで、世界が変わったことの相違点が見えにくく、設定が生きにくいように思える。そのあたりの書きわけに工夫が必要だったかもしれない。

 第8回MF文庫J新人賞佳作受賞作品。




弥生志郎作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4109-71ecc136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。