ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 今際の国のアリス (5)(麻生羽呂)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


今際の国のアリス (5)(麻生羽呂)

今際の国のアリス 5 (少年サンデーコミックス)今際の国のアリス 5 (少年サンデーコミックス)
(2012/10/18)
麻生 羽呂

商品詳細を見る


迷いからの脱出

 苣屋駿太郎にはめられ裏切られた有栖良平は、粟国杜園らにより拘束監禁され、いつ今際の国の「びざ」が切れる分からない恐怖と戦わされていた。一方、宇佐木柚葉はアグニ派の韮木傑たちに襲われていた。
 その間に「ビーチ」が保有する全てのカードを手に入れた苣屋駿太郎は、隙を突いて脱出を図ろうとするのだが、その寸前で「げぇむ」の開催が宣言されてしまう。

 「ビーチ」内を舞台として開催される「げぇむ」は、残るカードの「ハート10」の「げぇむ」だ。その内容は、「ビーチ」内にいる殺人犯を捜し出し火にくべるという魔女狩り。その名の通り、「ビーチ」は魔女狩りの雰囲気に包まれていく。




麻生羽呂作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4091-ddb8cf19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。