ふらりとゆけ! ホーム » ラブコメディ » 神のみぞ知るセカイ (19)(若木民喜)

神のみぞ知るセカイ (19)(若木民喜)

神のみぞ知るセカイ 19 OVA付限定版 (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 19 OVA付限定版 (少年サンデーコミックス)
(2012/10/16)
若木 民喜

商品詳細を見る


迫る危機、迫られる桂馬

 ヴィンテージによる包囲網が狭まりつつある中、女神最後の一柱であるメルクリウスの宿っている高原歩美の攻略に全力を注ぎたい桂木桂馬だったが、桂馬に恋心を抱く小阪ちひろもそれに同道することになってしまい、いつもの調子で攻略が進まない。
 ノーラの助けを得つつ、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムはヴィンテージの攻撃から桂馬たちを守ろうとするが、敵の数が多すぎて、桂馬の告白イベントをことごとく邪魔されてしまう。あげく、小阪ちひろは桂馬がゲームの攻略のごとく歩美を落とそうとしていることをばらしてしまい…。

 表紙通り、今回の主役はやっぱりちひろだったのかな。舞校祭のステージで歌うちひろは、女神たちの輝きに負けないくらい輝いていた。悲しみも光なんだね。
 しかしやっぱり今回もファンタジー部分はなおざりになっているが、それもまたこの作品の仕様だろう。でもおかげで、旧悪魔の封印後も女神たちが残っている理由がよく分からなかったな。

 歩美は桂馬すら翻弄する強力なキャラクターです。









若木民喜作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4088-ff36ff88