ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » ロウきゅーぶ!(蒼山サグ) » ロウきゅーぶ! (11)(蒼山サグ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ロウきゅーぶ! (11)(蒼山サグ)

ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫)
(2012/10/10)
蒼山サグ

商品詳細を見る


小学生に籠絡されていく

 三沢真帆の父が親馬鹿ぶりを発揮し、公式戦規定人数に満たない慧心女子バスケ部が参加できる大会を開催してくれることになった。長谷川昴が指導する湊智花、永塚紗季、袴田ひなた、香椎愛莉らの六年生チームに対してライバル心を燃やす、荻山葵が指導する、ミミ・バルゲリー、藤井雅美、袴田かげつ、竹中夏陽の妹の竹中椿と竹中柊ら五年生チームも参加することになった。かつて合宿にお邪魔した硯谷も五年生チームを派遣している。
 バニーガール姿となったメイドの久井奈聖による開会で始まる大会だったが、その前には、長谷川昴のお誕生会というイベントもあり、かつ、大会には小学生女子の保護者たちもやってきたため、ますます昴の小学生傾倒は激しさを増していく。

 大会もあるのだけれど、それはあくまで公式戦の布石という意味合いが強く、結局、小学生女子の魅力に取りつかれていく高校生男子の姿が描かれている。




蒼山サグ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4060-3da5fdd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。