ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » ひらけ駒! (7)(南Q太)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ひらけ駒! (7)(南Q太)

ひらけ駒!(7) (モーニング KC)ひらけ駒!(7) (モーニング KC)
(2012/09/21)
南 Q太

商品詳細を見る


女同士の熱い戦い

 壇レイ子女流二段が出場するマイナビ女子オープンの予選を観戦に来た菊池宝の母は、その息詰まるほどの戦い振りに感銘を受ける。将棋を仕事と言い切る者、人生の怨念をぶつける者、定跡にこだわらずに自分の将棋を指そうとする者、いずれにも共通するのは、彼女たちには将棋がない世界はあり得ないと言うことだろう。

 一方、研修会入会をする菊池宝は、奨励会入会という将来も延長線上に見据え、少しずつ将棋道を進んでいた。
 だがそれは、これまで同じくらいの場所で将棋を指していた仲間にも影響を及ぼさざるを得ない。友達が急に遠くに行ったような気がしてしまったとき、どうやって元の位置を取り戻そうとするか。将棋好きな小学生の葛藤も描かれる。




南Q太作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3997-5d6fbd32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。