ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » 僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト)(喜多南)

僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト)(喜多南)

僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト) (このライトノベルがすごい! 文庫)僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト) (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2012/09/10)
喜多 南

商品詳細を見る


満ち足りないこともまた希望

 星霊学園に入学した小谷桃果は、遠野瑠璃の一件で先輩の結城クロと知り合い、彼に恋をした。恋敵で未だ昏睡から目覚めない長谷川紫音の病室を見舞い、彼女が目覚めるのを必死に祈っていた結果、桃果の持つ霊能力が作用し、再び紫音は生霊として目覚めることとなった。
 そんなとき、桃果が部長を務めるオカルト研究部に高津浅葱がやってくる。彼女は自分に取り憑いている兄の高津蘇芳を成仏させて欲しいと言った。

 結城クロを通訳として蘇芳とコミュニケーションを成立させた浅葱は、蘇芳の心残りを無くすため、彼と一緒に遊園地にデートに出かけることとなった。蘇芳は浅葱のことが好き過ぎて成仏できないと言うからだ。
 一方、クロが再び幽霊に関わっていることを知った姉の結城緋色は、努めてクロから距離を取りつつ、姉の結城藍子や妹の結城黄を巻き込み、ダブルデートよろしく出かけたクロたちを尾行して、遊園地に赴くのだった。

 病気で死んでしまったはずの兄が妹に取り憑いている。そういう単純な話として理解したい心が本質を見極めることを拒否し、取り返しのつかないところまで自体を追い込んでしまう。きょうだいの間に生まれる愛情という禁忌を避ける心が、まるで自分を見ているかのような状況が、他の見方を否定してしまう。
 結城家のきょうだいたちの持つ霊能力は、それぞれ一長一短の能力であって、一人だけでは望む結果を導くことが難しい。彼女たちが互いに協力し合うことで、初めて幸せな結果を導くことが出来るのだ。足りないこともまた、それを満たす関係を築くきっかけとなる。




喜多南作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3971-95dc2487