ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » ミステリー » ノーブルチルドレンの愛情(綾崎隼)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ノーブルチルドレンの愛情(綾崎隼)

ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


埋まらない隙間

 舞原吐季は、異母妹の舞原七虹の義妹である舞原琴寧の被害を調べる過程で、長谷見芽衣が行っていた事実と、それに対して桜塚歩夢がどんな決着をつけたのかを知ってしまった。そして桜塚歩夢は、愛する千桜緑葉からの断罪を受け、自らを裁くために姿を消してしまう。
 そしてそんな彼を追い、舞原吐季には絶対の言葉だけを置いて、千桜緑葉も彼の前から姿を消してしまった。友人としていた琴弾麗羅にも去られ、舞原吐季は本当の孤独の意味を知る。

 父親から勘当され、無気力に生きる時間は、3年が過ぎ、6年が過ぎ、10年が過ぎて行った。その間に、異母妹の舞原雪蛍や舞原七虹もそれぞれの人生を歩み、喜び、傷ついていく。私立新潟美波高校保健部は廃部となり、演劇部は後輩たちに引き継がれ、その舞台では新たな物語が繰り広げられた。
 そしてついに、舞原吐季は再び立ち上がり、前に進む決意をする。仕事に打ち込み、成果を上げ、それにふさわしい地位を求められるようになった舞原吐季だったが、彼の心は未だ空虚だった。そんな彼の耳に、千桜緑葉の動向が届き始める。

 「蒼空時雨」「初恋彗星」「永遠虹路」「吐息雪色」の物語との時間の隙間を埋めるスナップショットと、ノーブルチルドレンの結末が描かれる。




綾崎隼作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3948-16dca323

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。