ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » ピアノの森 (22)(一色まこと)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ピアノの森 (22)(一色まこと)

ピアノの森(22) (モーニング KC)ピアノの森(22) (モーニング KC)
(2012/08/23)
一色 まこと

商品詳細を見る


波乱と静寂

 雨宮修平との関係を修復し、練習にも熱の入る一ノ瀬海だったが、彼の知らないところで、特ダネを狙うゴシップ記者は「森の端」にまでその取材の手を伸ばしていた。
 しかし中心地であるショパンコンクールの会場では、その権威により異分子は排除され、順調にファイナルの選考が進む。一時帰国したパン・ウェイが戻ってくるかを気にしつつも、繰り広げられるのはそれぞれに魅力ある演奏だ。

 そしてついに、最終日の演奏の幕が開く。




一色まこと作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3934-50a1b77d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。