ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(5)(川口士)

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(5)(川口士)

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5 (MF文庫J)
(2012/08/23)
川口士

商品詳細を見る


内乱終結

 ブリューヌ王国アルサスの領主ティグルヴルムド・ヴォルン伯爵率いる《銀の流星群(シルヴミーディオ)》は、ジスタート王国の戦姫《凍漣の雪姫(ミーチェリア)》リュドミラ・ルリエの助勢を得て、内乱に介入してきたムオジネル王国王弟《赤髭》クレイス・シャヒーン・バラミールを退けることに成功した。
 《銀閃の風姫(シルヴフラウ)》エレオノーラ・ヴィルターリアも合流し、王女レギンもその陣営に加えたティグルは、王女の王族たるの証明のため、ガヌロン公爵マクシミリア・ベンヌッサ・ガヌロンが支配するアルテシウムへと向かおうとする。しかしそれを知っていたかのように、ガヌロン公爵はグレアスト侯爵カロン・アンクティル・グレアストを呼び戻すと、ある策略を相談する。

 一方、息子をティグルに殺されたテナルディエ公爵フェリックス・アーロン・テナルディエは、その敵を取るため、アルテシウムへ向かうティグルたちの前に現れ、腹心スティードが指揮する軍勢と5頭の竜を以て、彼らを下そうとするのだった。
 新たな戦姫《虚影の幻姫(ツェルヴィーデ)》ヴァレンティナ・グリンカ・エステスもブリューヌ王国内部の権力争いに深く介入し、ティグルの持つ黒弓の力に興味を示す。数々の謎を残しつつも、ブリューヌ王国内乱は終結し、舞台は大陸中へと広がっていく。

 単なる馬鹿だと思われていた大貴族たちが、意外にもまともな戦略眼と目的を持っていたことが明らかになる第一部完結編。もし第一部で終わっていたとすると、彼らは馬鹿のままで死ぬことになったのであろう。だが第二部に続くことになったため、彼らの真意を明らかにする機会が生まれたと言うところだろうか。
 かくして、幼なじみの侍女をキープしつつ、隣国の戦姫に食指を伸ばすティグルの快進撃は、世界に舞台を広げつつあるようだ。




川口士作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3933-86051e18