ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » JOKER (3)(上杉可南子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


JOKER (3)(上杉可南子)

JOKER(3) (ジュールコミックス)JOKER(3) (ジュールコミックス)
(2012/06/16)
上杉 可南子

商品詳細を見る


未来に向けた愛の言葉

 兄弟子の岩崎六段からプロポーズされ、居候する小学生の藪雨あきらからは待っていて欲しいと言われ、頭の中がごちゃごちゃの将棋の女流棋士である斉藤一花女流二段の前に、初恋の相手である稔にそっくりの高遠という男が現れる。
 過去の失われた初恋をやり直せるかも知れないチャンスに心動かされる一花だったが、本業においても女流王冠戦の挑戦者に決定し、重要な局面に立たされている。そんな大事なときに、あきらが二晩帰ってこないという事態が起きてしまう。

 強引にたたんでシリーズ完結。打ち切り臭が満載で、終わり方はまだまだ一波乱ありそうな終わり方になっている。




上杉可南子作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3913-1aa7508c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。