ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » だってメープルは甘すぎる! (2) 恋の雪解け、嵐の訪れ(宮村優)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


だってメープルは甘すぎる! (2) 恋の雪解け、嵐の訪れ(宮村優)

だってメープルは甘すぎる!2 恋の雪解け、嵐の訪れ (VA文庫 18)だってメープルは甘すぎる!2 恋の雪解け、嵐の訪れ (VA文庫 18)
(2012/03/23)
宮村優

商品詳細を見る


愛がなくてはダメですか?

 桜ヶ丘中学に通う七海駆は、サイエンス星団ヴァルハラ警察巡査メープルこと真心楓を助けたことで、科学ギルドのパウダースノーこと睦月粉雪やフォスフォラスライトこと如月燐火と関わることになり、さらには母親の七海昴がプレアデスという元科学ギルドだったことまで知ってしまった。
 さらに、七海駆はヴァルキリードレスという、科学少女の変身機構の機能を強化するエンゲージ能力を持っていることが判明し、エンゲージすることをきっかけとして、彼女たちから交際を迫られる状況となってしまった。

 いったんは、初めに出会った楓と仮に付き合っていたものの、関係を本物の恋人に直したいという楓の申し出で別かれることになり、それではエンゲージの研究が出来ないと、粉雪は自分の身体を自由にする代償に、自分と付き合うようにと迫ってきた。
 しかし、駆は好きな同士出ないと付き合うことは出来ないと拒否したため、粉雪はアプローチを変え、まずはデートで互いの距離を縮めようと提案してくるのだった。

 その頃、街では正義の味方の存在が話題となっていた。その正体は、メープルの上司である巡査部長ストームこと琴吹嵐、科学ギルドのバーニングファイアこと霜月焔だ。彼女たちは幼馴染にして恋人という関係で、互いに正義を貫くという理想を持ちながら、その方法論の違いで異なる陣営に所属していた。
 それぞれと個別に出会うことになった駆は、彼女たちの考え方を知り、何とか協力できるようにならないかと考える。

 前巻は燐火が積極的にアプローチしてきたけれど、今回は粉雪が駆を落とすべく誘惑する。どこまで計算なのか分からないが、カラオケに行ったり、ゲームセンターでコスプレしてプリクラを撮ったり、色々と魅力的な言動に、もはや駆のリビドーは陥落寸前。しかしその度に、楓の可愛らしい言動でリセットされ、結局、誰も選ばない状況が継続することになる。
 そして今回は男らしい百合キャラが加入することで、七海家はさらに賑やかになる。




宮村優作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3891-77abe825

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。