ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » JESUS砂塵航路 (14)(七月鏡一 / 藤原芳秀)

JESUS砂塵航路 (14)(七月鏡一 / 藤原芳秀)

JESUS砂塵航路 14 (ビッグ コミックス)JESUS砂塵航路 14 (ビッグ コミックス)
(2012/07/30)
小学館

商品詳細を見る


徒労にも思える途上にて

 数多くの被害を出し、結果、綾木日奈の復讐の道は再び開かれることとなった。そんな彼女の前に、ジーザスを殺せなかったタリクが現れ、綾木日奈を復讐の道へと誘う。そして彼女は、引き留める手を振り切り、タジクの手を取ることとなった。
 そして向かうのは、24の老人である燐・オールドマンと、彼のもとにいる仇“鋏”ジョセフ・T・シズラーのところだ。ジーザスを殺すために復讐という力を手に入れようとするタジクと、彼の力を使って復讐を遂げようとする綾木日奈、二人の血塗られた道の前に、再びジーザスが現れ、彼の道を示す。その道は、はるかに遠い、荒れた道であった。

 シリーズ完結編。未だジーザスの戦いは終わらない。




七月鏡一作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3876-c59c2659