ふらりとゆけ! ホーム » 未来ファンタジー » 君と歩んで恋色ミッション 未来からきた彼女は現代でお仕事を学ぶそうです!(藍上ゆう)

君と歩んで恋色ミッション 未来からきた彼女は現代でお仕事を学ぶそうです!(藍上ゆう)

君と歩んで恋色ミッション (VA文庫 17)君と歩んで恋色ミッション (VA文庫 17)
(2012/07/28)
藍上ゆう

商品詳細を見る


前に進むチャンスか、あるいは取り戻す奇跡か

 ライバルだった友人の七草唯音を交通事故で亡くしてから、高校にもいかずに引きこもりになった鮎川歩人の部屋の机から、ある日、リボンだけを巻いた裸の巨乳少女が現れる。セリザワ・マナと名乗る彼女は、未来の職業訓練学園の学生で、現代のお仕事を学ぶためにやって来たらしい。
 そもそも彼女が未来から来たというのも信じ難かった歩人だったが、彼女がペルシャール共和国大統領アラク・ジャビアの暗殺を予告したことで、ひとまず信じることにする。

 そうすると、リボンを使ってジョブチェンジしたマナはメイドになり、歩人の部屋の掃除を始めた。彼女の初ミッションは、ご主人様が帰りたくなる家を作ることだ。帰るどころかそもそも出かけない歩人は迷惑に思うのだが、一生懸命だけれどドジな彼女に、唯音の面影を見つける。

 同じく職業訓練学習生のミカド・ミユやオリベ・ナナミ、生徒会長のカンザキ・セレナや謎の幼女ミズキ・アカネとも関わることになる歩人は、未来と現在、そして過去を行き来し、何かの事件に巻き込まれていくことになる。

 まるっきりのラブコメなのかと思いきや、ファンタジックな設定も織り込まれている。まあ、のっけから、紛争地帯の話題が出てくるから、当然絡むものだとは思っていたけれどね。
 しれっと次巻に続くので要注意。




藍上ゆう作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3873-7c985865