ふらりとゆけ! ホーム » 学園ファンタジー » 魔王な使い魔と魔法少女な (2) 金色のツインテール(みみとミミ)

魔王な使い魔と魔法少女な (2) 金色のツインテール(みみとミミ)

魔王な使い魔と魔法少女な 2 金色のツインテール (魔王な使い魔と魔法少女なシリーズ)魔王な使い魔と魔法少女な 2 金色のツインテール (魔王な使い魔と魔法少女なシリーズ)
(2012/06/22)
みみとミミ

商品詳細を見る


期待と挫折

 「神代の魔術」である杖のハルと契約して黒の魔法少女となった朝霧瑞希は、木下優華というかつていた少女に対する贖罪の気持ちで、人助けをしていた。しかし、魔王リノ・ジズ・ザートを拾い、彼女を使い魔としてから徐々に彼の気持ちは変化し、そしてついには解放された。
 リノがハルと共に魔界でドンパチしに行っている間、一人暮らしに戻った朝霧瑞希の前に、南熊英の妹の南熊美衣が現れる。彼女は姉のため、ひいては挫折した自分のため、母里佐奈や斉藤鼎を巻き込み、とある騒動を画策するのだった。

 挫折した中学生の屈折した思いと、その思いに自分を重ね合わせながらも、それを否定して進む道を選ばせる主人公の交流を描きつつ、彼をめぐる少女二人の、緩やかな駆け引きを描いている。
 前巻よりも少しは読みやすくなった気もするが、複数視点で奔放に展開する傾向があるため、流れを押さえ難いきらいがある。また、これはこちらサイドの読み方の問題でもあるのだが、適当に前巻までの設定の復習をしつつ進めてもらえるとありがたい。




みみとミミ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3775-4c74638c