ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 歴史ファンタジー » ルースターズ (2) トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫(雑賀礼史)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ルースターズ (2) トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫(雑賀礼史)

ルースターズ  2.トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫 (富士見ファンタジア文庫)ルースターズ 2.トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/06/20)
雑賀 礼史

商品詳細を見る


勘違いと偶然が物語の燃料

 殺し屋ジャン・デュパンにとりつかれたところを、怪盗ジェスター・ザ・ルースターに助けられた田舎紳士の画学生レミー・ボガートは、《アルフライラの秘宝》の《銀の指》という魔法銃をその身に宿すことになった。
 そんなとき、妹のような存在であるアデライード・ヴィドックが大富豪セザール・ロッシュオーからの招待状を持ってくる。それは、ジェスターと女盗賊ミリアム・リッチーが狙う秘宝・天使の卵を展示するパーティの招待状だった。

 魔法使いのジェスターは、競争相手であるはずのミリアムに懸想し、彼女を追いかけたところで、とてつもない実力の武術家であるガンプと名乗る大男と対戦し、怪我をしてしまう。
 一方、隣人のメルセデス・レイが落としたマッチに導かれ、キャバレー・ソムニウムにて、ミリアム・リッチーと対峙することになるのだった。

 しかし、レミー・ボガートの《銀の指》は、ほとんど創造に近いものがある魔法じゃないだろうか。単純にぶっ放す銃よりも、遥かに応用範囲が広いように見える。
 そして、ミリアム・リッチーはヒロインのような要素も備えつつ、ちょっと抜けた悪役というポジションで、何をやらせても大丈夫なリアクション芸人ぽい役回りをさせられそうな気がする。




雑賀礼史作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3773-593ff9d1

まとめtyaiました【ルースターズ (2) トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫(雑賀礼史)】

ルースターズ 2.トロンプ・ルイユと幻獣の歌姫 (富士見ファンタジア文庫)(2012/06/20)雑賀 礼史商品詳細を見る勘違いと偶然が物語の燃料 殺し屋ジャン・デュパンにとりつかれたところを、怪盗ジェスター・ザ・ルースターに助けられた田舎紳士の画学生レミー・ボガートは...

2012-06-25 17:16 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。