ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » ゆりてつ ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ (2)(松山せいじ)

ゆりてつ ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ (2)(松山せいじ)

ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 2 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 2 (サンデーGXコミックス)
(2012/06/19)
松山 せいじ

商品詳細を見る


こうして彼女は囚われる

 鉄道初心者の日野はつねは、百合ヶ咲女子高に入学し、食べ鉄の石塚まろん、撮り鉄の能登まみこ、乗り鉄の鶴見はくつると出会ったことで、鉄道部を立ち上げて魅惑的な鉄道の世界に入り込むことになり、部員たちとの関係を深めていくことになった。
 そんな鉄道部に、教師の滝沢このみがやってきて、押し掛け顧問になってしまう。まろんやまみこ、はくつるは、はつねとのイチャラブな環境に横入りされたようで面白くない。

 今回お出かけする先は、はつね初企画の都電荒川戦、実は模型テツだったこのみ企画のトミーテック工場見学、長野電鉄屋代線で鉄道が直面する問題を知るなど、多岐にわたる。共通するのは、どこに言ってもはつねが愛でられるという展開だろう。
 前回は素人のはつねに説明すると言う側面も大きかったが、今回は素人だったはつねが鉄道の魅力にはまっていくと言う側面が描かれているように思う。




松山せいじ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3767-b35d261f