ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » ようこそ、古城ホテルへ (3) 昼下がりの戦争(紅玉いづき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ようこそ、古城ホテルへ (3) 昼下がりの戦争(紅玉いづき)

ようこそ、古城ホテルへ(3) 昼下がりの戦争 (つばさ文庫)ようこそ、古城ホテルへ(3) 昼下がりの戦争 (つばさ文庫)
(2012/06/15)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


戦争の火種

 どんなものでも分け隔てなく快適に滞在できる古城ホテル「マルグリット」には四人の女主人(メトリーゼ)がいる。亡国の姫君リ・ルゥ・アヌ・アル・ラサ・ファン・チゼ、花の妖精フェニアーノ・クロージニー、男装の軍人ジゼット・ロドマン、煌き魔女ピィ・キキラーチェだ。彼女は本来の自分の居場所を奪われ、そして自分たちの力で自分の居場所を手に入れた。
 青銀の賢者サフィールと憐れな犬ヘンリーちゃんの守護の許、ようやく落ち着いてホテル経営に専念できると思ったのも束の間、ジゼット・ロドマンの祖国である軍国ボルドーの友人エラン・クリューガーがケリル王国から送ってきた手紙と共に、またもやトラブルが舞い込んでくる。

 軍国ボルドーとケリル王国の交渉場所として選ばれた古城ホテル「マルグリット」には、ケリル側から革命指導者ヤウズと、海神の血統アミルおよび従者ウールフが、ボルドー側からゴルダス・ベイル大佐と化け猫ランゼリオ・アルジャーが訪れ、戦争の瀬戸際での交渉が行われることになったのだ。

 旧友のピンチと女主人としての立場、そして故国への親愛の情に板ばさみにされながらも、全く揺れていないように見えるジゼット・ロドマンの内側にはどんな感情が隠れているのか?鉄面皮の麗人である彼女の素顔が垣間見えるかも知れない。




紅玉いづき作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3752-7f80711e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。