ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 修羅の門 第弐門 (6)(川原正敏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


修羅の門 第弐門 (6)(川原正敏)

修羅の門 第弐門(6) (講談社コミックス月刊マガジン)修羅の門 第弐門(6) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/06/15)
川原 正敏

商品詳細を見る


呼び醒ます声

 龍造寺舞子の見守る中、「呂布」ルゥ・フォン・シェンと対決する陸奥九十九の目は、かつての価値に執着する光を失っていた。そのことを懸念する舞子は、九十九に大声で呼びかける。

 そして戦いは終わり、呂布のセコンドについていた「呂蒙」ルゥ・ズ・ミィンが新たな挑戦者として九十九の前に立ちふさがる。そのことに不安を覚えた山田を名乗る男は、神武館の九十九のもとを訪ねるのだった。




川原正敏作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3745-fc1820de

まとめtyaiました【修羅の門 第弐門 (6)(川原正敏)】

修羅の門 第弐門(6) (講談社コミックス月刊マガジン)(2012/06/15)川原 正敏商品詳細を見る呼び醒ます声 龍造寺舞子の見守る中、「呂布」ルゥ・フォン・シェンと対決する陸奥九十九の目は、かつての価値に執着する光を失っていた。そのことを懸念する舞子は、九十九に?...

2012-06-20 01:09 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。