ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 青春もの » スクール・デモクラシー! (2)(吉村夜)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スクール・デモクラシー! (2)(吉村夜)

スクール・デモクラシー!2 (講談社ラノベ文庫)スクール・デモクラシー!2 (講談社ラノベ文庫)
(2012/06/01)
吉村 夜

商品詳細を見る


使命と感情のせめぎ合い

 スクール・デモクラシーという、生徒たちが選挙で校則を決めることが出来るという学園へと転校した高天原奈々は、ブサイクロン非モテこと郷田竜也とカオス・生徒会の理想に共鳴し、マッハーゲ音速という真名をもらって、生徒たちを支配しようという真・生徒会会長の久遠寺光と対立することになった。
 しかし、カオス・生徒会を率いるサンタクルース悪魔こと来栖明やイヴィルアイ姑こと福山京子に心酔しているわけでもない。ただ、彼女を助けてくれた郷田と一緒にいたいという思いが強いのだ。

 ゴールデンウィークを目前にして、スクール・デモクラシーを目の敵にする教師派閥から、真・生徒会に対して議案の押しつけがなされた。後ろ盾に真っ向から逆らうわけにはいかない久遠寺光は、それを受け入れつつ、裏では何かを企んでいる。
 一方、真・生徒会の復権を防ぎたいカオス・生徒会は、真・生徒会の議案を潰しつつ、自分たちの議案を通そうとしていた。その過程で、これまではもてないことで生徒たちの人気を集めていたブサイクロンと、高天原奈々の仲の良さが弊害として議題に挙げられることとなる。

 生徒間の勢力争い、それを利用して教師の意向を通そうとする思惑、高校生としての恋愛。様々な要素を絡ませつつ、青臭い理想論を振りかざす高天原奈々が、現実に直面する物語だ。




吉村夜作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3716-879cec39

まとめtyaiました【スクール・デモクラシー! (2)(吉村夜)】

スクール・デモクラシー!2 (講談社ラノベ文庫)(2012/06/01)吉村 夜商品詳細を見る使命と感情のせめぎ合い スクール・デモクラシーという、生徒たちが選挙で校則を決めることが出来るという学園へと転校した高天原奈々は、ブサイクロン非モテこと郷田竜也とカオス・生徒?...

2012-06-07 12:02 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。