ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » 僕の魔剣が、うるさい件について (3)(宮澤伊織)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


僕の魔剣が、うるさい件について (3)(宮澤伊織)

僕の魔剣が、うるさい件について3 (角川スニーカー文庫)僕の魔剣が、うるさい件について3 (角川スニーカー文庫)
(2012/05/31)
宮澤 伊織

商品詳細を見る


忘れてしまった本当の気持ち

 魔剣《夜来たる》にとりつかれた早瀬吏玖を監視するため、彼の通う高校に潜入している<火神結社>の《凍月》才森加奈子は、早瀬吏玖の友人の鷹野香織の尽力もあり、次第に学校に馴染み始め、これまでの冷たい印象から少しは笑顔を見せるようにもなって来た。
 しかしその穏やかさは所詮は仮初のもの。《清焔》竜胆めらの師である《鉄暁》ホルスト・ゾーンタークが現れ、<火神結社>の決定として《夜来たる》の奪取を命じたことで、彼女は本来の立場に立ち戻らなければならなくなってしまった。

 そのための手段として、早瀬吏玖の保護者的な立場となっている芹沢墨緒を襲撃、拉致監禁して、早瀬吏玖を説得させようと試みる。そのことを知った《象られた力》貫肌心花は、彼女を助け出すために、<火神結社>に戦いを挑む。
 一方、早瀬吏玖の許には、<兵器廠>の《虚数》鋳流が訪れ、共に<火神結社>を襲撃しようと誘惑するのだった。

 魔剣は誰が生み出したのか、なぜ生まれたのか。その背景が少しずつ明らかになって来た。一方で、正義の味方然としている<火神結社>の目的は未だ明らかにならないまま。結局、早瀬吏玖は、自分の直感を信じて戦い続けるしかない。




宮澤伊織作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3713-970ce2e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。