ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 学園ラブコメ » 好敵手オンリーワン (2)(至道流星)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


好敵手オンリーワン (2)(至道流星)

好敵手オンリーワン2 (講談社ラノベ文庫)好敵手オンリーワン2 (講談社ラノベ文庫)
(2012/06/01)
至道 流星

商品詳細を見る


トンビに油揚げとはよく言ったもの

 横浜の女子高生の双璧と目される、桜月神社の桜月弥生と天都教会の天都水貴を幼なじみに持つ孝一郎は、彼女たちの経営の才能を最も高く評価する人間だ。しかしそれゆえに、彼女たちに比べて自分は凡才だと思い込んでいて、シェフ顔負けの料理の腕前や、ヤクザを沈ませる腕っ節、家の補修も難なくこなす器用さまで持っていても、自虐が絶えない。
 ヤクザ問題に絡む弥生の勘当扱いも解け、シスター&巫女カフェの経営も順調に進み、店を任せられる存在を育てて、弥生と水貴は次のビジネスを開拓しようと躍起だ。それもこれも、人材育成までこなす孝一郎を、どちらが自分のものに出来るかが懸かっているから当然だ。しかし孝一郎は、それほど自分がもてている事実にも気づかない。

 高校生は将来の進路について考える季節でもある。担任から進路について真面目に考える様に言われた孝一郎は、いつかは自分よりはるかにランクが上の男を娶り、自分から離れていくであろう弥生と水貴から距離をとり、一人で生きていくすべを考えなければならないと思い始める。
 同じころ、カフェで料理を指導している弥生の後輩の楓から、孝一郎をべた褒めする言葉を漏れ聞いてしまい、その結果、彼女から告白されることになってしまった。

 初めて女の子からもてたと思い込む孝一郎だったが、弥生と水貴の3人でいた期間が長すぎて、他の女の子をどう思うかよく分からない。そこでいつものごとく、弥生と水貴に相談するのだが、当然、彼女たちは激怒したり泣き崩れたりしてしまい…。

 ビジネスネタは、明朗会計全国一律お祓いサービスと、牧師派遣自宅結婚式サービスのそれぞれ一つとかなり控えめ。あとはもうすぐ円安になるという予言くらい。全面的にラブコメにシフトしているのだ。
 だが、正直言って、これは作者の強みから考えて、隘路にしか思えない。無理筋も良いところで、これを突き抜けるには、今まで作者が示したことがないラブコメセンスを開発しなくてはならないだろう。そして残念なことに、現状までの描写を見る限り、その見込みはかなり薄い気がする。

 このため個人的には、これまでの路線に回帰し、そこで第一人者として君臨するのがお薦め。なぜなら普通のラノベ作家には、ビジネス分野にノウハウを持っている人などほとんどいないのだから。ラブコメ路線はニート系に任せておいてください。




至道流星作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3704-feeb4367

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。