ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 王様の仕立て屋 (1) ~サルトリア・ナポレターナ~(大河原遁)

王様の仕立て屋 (1) ~サルトリア・ナポレターナ~(大河原遁)

王様の仕立て屋 1 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ジャンプコミックスデラックス)王様の仕立て屋 1 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ジャンプコミックスデラックス)
(2012/05/18)
大河原 遁

商品詳細を見る


自分の城の重み

 ベリーニ伯の尽力でカモッラからの借金を肩代わりしてもらい、ナポリにサルトを開いた織部悠だったが、あまりの閑古鳥に、マルコとセルジュの苦労は絶えない。そんなところに久しぶりにやってきた特急の客は、あまり服飾に興味がなさそうに見えるにもかかわらず、特急料金をポンと払っていく日本人だった。
 これまでの雇い職人から自分のブランドとも言うべき店を持ったユウは、特急料金に見合う仕事をするため、客の事情に探りを入れる。その結果に基づきユウが仕上げた仕事は、日本人客の心に変化をもたらすことが出来るのか?

 いつものようにジラソーレの幹部社員たちは入り浸ってこき使おうとし、財界方面からは無理難題を課せられる。でもそここそが、ユウの職人芸の見せどころでもあるのだ。
 今回のワンポイントは、パッチポケットと靴。




大河原遁作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3687-23a215b2

まとめtyaiました【王様の仕立て屋 (1) ~サルトリア・ナポレターナ~(大河原遁)】

王様の仕立て屋 1 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ジャンプコミックスデラックス)(2012/05/18)大河原 遁商品詳細を見る自分の城の重み ベリーニ伯の尽力でカモッラからの借金を肩代わりしてもらい、ナポリにサルトを開いた織部悠だったが、あまりの閑古鳥に、マルコとセ?...

2012-05-20 00:31 │ from まとめwoネタ速neo