ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 乙嫁語り (4)(森薫)

乙嫁語り (4)(森薫)

乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
(2012/05/12)
森 薫

商品詳細を見る


言いなりになるばかりじゃない!

 淡い想いを土地に残して、スミスはアンカラへの旅を続ける。たどり着いたのはアラル海だ。ぼーっとしてラクダから落ち、危うく溺れ死にそうになったスミスを、ライラとレイリという双子の少女が助けてくれた。
 しかしこの双子の少女、とてつもないおてんばだった。スミスが医者だと聞いたライラとレイリは、スミスのラクダを引き、無理矢理に村まで連れて行く。そうして彼女たちの祖父の脱臼を直したことがきっかけで、しばらく村に滞在することになるのだった。

 一方、敗れ去ったアミルの兄たちは、同胞の助けを求めてロシア国境へと向かう。だがそれは、悲惨な戦いの始まりを告げる出来事でしかなかった。
 アミルのお友達の、荒っぽい少女パリヤにもついに縁談が…果たして上手くいくのか?

 今回の乙嫁は、中々に行動的で、前巻が風習に従う女性を描いたならば、今巻はその中でも自力で運命を引き寄せようとする女性のしたたかさを描いていると言えよう。




森薫作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3673-1d282850

まとめtyaiました【乙嫁語り (4)(森薫)】

乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)(2012/05/12)森 薫商品詳細を見る言いなりになるばかりじゃない! 淡い想いを土地に残して、スミスはアンカラへの旅を続ける。たどり着いたのはアラル海だ。ぼーっとしてラクダから落ち、危うく溺れ死にそうになったスミスを、ライラとレ...

2012-05-16 05:43 │ from まとめwoネタ速neo