ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 未来ファンタジー » インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬)

インテリビレッジの座敷童 (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童 (電撃文庫)
(2012/05/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る


妖怪すらも利用する

 徹底的に懐古的な環境を維持し、差別化された酪農作物を生産することで、地域丸ごと、高付加価値化を果たした田舎を、インテリビレッジと呼ぶ。観光客たちの懐古趣味を満足させる仕組みを、テクノロジーによって維持するのだ。
 しかしそのシステムは、現代化によって失われたもの、妖怪も内包することになった。そして実在が確認されれば、妖怪すらも利用しようとするのが人間という存在らしい。妖怪の伝承を改ざんし、犯罪行為に利用する仕組みが「パッケージ」なのだ。

 そんなインテリビレッジの高校生である陣内忍の家には、怠惰で巨乳な座敷童のお姉さんが住みついている。そして陣内忍自身には妖怪に好かれやすい性質があるらしく、それを利用して変わり者の富豪クラスメイト小手密惑歌にもてあそばれたり、雪女に求婚されたりするのだ。
 このインテリビレッジを嫌って飛び出した内幕隼は警視庁に奉職したのだが、やはり何の因果か、「パッケージ」がらみの事件によく遭遇する。そこによく現れるのは、名探偵属性の中学生の菱神艶美だ。そして彼女の姉の菱神舞は、警察ですら介入不可能な妖怪絡みの事件に介入する、怪物級のエージェントなのである。

 唯一、小手密惑歌の存在価値がちょっと薄めだったかなという気もする。中二病から脱却し、社会システムの恐ろしさみたいなところを描くのに移行中なのかな。




鎌池和馬作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3667-2726c74c

まとめtyaiました【インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬)】

インテリビレッジの座敷童 (電撃文庫)(2012/05/10)鎌池 和馬商品詳細を見る妖怪すらも利用する 徹底的に懐古的な環境を維持し、差別化された酪農作物を生産することで、地域丸ごと、高付加価値化を果たした田舎を、インテリビレッジと呼ぶ。観光客たちの懐古趣味を満足さ...

2012-05-13 13:17 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。