ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 熱血青春 » ナナマル サンバツ (2)(杉基イクラ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ナナマル サンバツ (2)(杉基イクラ)

ナナマル サンバツ (2) (角川コミックス・エース 245-5)ナナマル サンバツ (2) (角川コミックス・エース 245-5)
(2011/08/03)
杉基 イクラ

商品詳細を見る


知らなければダメ…とは限らない

 近隣校主宰の新人向けクイズ大会に参加することになった越山識は、深見真理や県立宮浦高校の御来屋千智のクイズする姿を見て、競技クイズが彼の考えていたものとは少し違うことに気づく。
 競技クイズにあるいくつかの暗黙のルールと慣習を知らない越山識は、それを知っている経験者に比べれば圧倒的に不利なことは事実ではあるが、それでも、真剣に集中してクイズに挑み続けていく中で、その存在に徐々に気づいていくのだった。

 クイズをしたいのか、したくないのか。最終的にあるのはその問いだ。それに越山識が答える時、彼が高校で選ぶ道が決定される。




杉基イクラ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3654-375c0033

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。