ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » ヒストリエ (7)(岩明均)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ヒストリエ (7)(岩明均)

ヒストリエ vol.7 限定版 (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.7 限定版 (アフタヌーンKC)
(2011/11/22)
岩明 均

商品詳細を見る


地歩を固める

 マケドニアの王子アレクサンドロスの内面に棲むもうひとつの人格ヘファイスティオンの存在を、書記官見習いとなったエウメネスは知る。それはフィリッポスの第四王妃オリュンピアスの不義が生んだ、逃避の証だ。
 フィリッポスから将棋の改良を命じられたエウメネスは、4面を2面に簡略化し、ルールを簡略化して分かりやすく、しかし面白くしていくのだった。やがて数年がたち、書記官となったエウメネスは、マケドニアの使者として、カルディアを再訪する。

 取った駒を使える将棋は創作だよね?









岩明均作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3640-803676a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。