ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » ヒストリエ (5)(岩明均)

ヒストリエ (5)(岩明均)

ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
岩明 均

商品詳細を見る


飛躍をはらむ出会い

 カルディアに帰還したエウメネスは、屋敷の跡地で旧友トルミデスと兄ヒエロニュモスに再会した。旧交を温め、養父母の墓参りも済ませ、気になる人たちのその後を知ったエウメネスは満足したのだが、彼を追いやった人々はそれを信じなかった。
 養父ヒエロニュモスに直接手を下したゲラダスはエウメネスを襲撃し、アンティゴノスの家臣メナンドロスに連れて行かれた先では、ヘカタイオスに包み殺されそうになってしまうのだった。

 そしてエウメネスは、マケドニア王フィリッポスに出会い、彼の書記官見習いとして登用されることになる。




岩明均作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3637-35d4ad2c