ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 死がふたりを分かつまで (17)(たかしげ宙)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


死がふたりを分かつまで (17)(たかしげ宙)

死がふたりを分かつまで(17) (ヤングガンガンコミックス)死がふたりを分かつまで(17) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/04/25)
たかしげ 宙、DOUBLE-S 他

商品詳細を見る


攻守二転三転

 トゥルスの弟ジーニが率いるデュハナ準国の漆黒部隊の精鋭七人衆「トランプ」に狙われることになった遠山遙は、アナ・リドルと共に殺人教官ゼルムを退け、一時的に自由を奪うことに成功した。しかし一方で、精鋭三人を迎え撃つことになってしまった土方護は、敵の手に落ちてしまう。
 そんな土方を助けるために、彼らがいる倉庫へと向かった遥たちだったが、彼女の予知の隙を突いてゼルムが縛を逃れ、逆に遥とアナが捕まることになってしまった。そしてその助命の交換条件に、護は全ての精鋭と、彼らを助けに来るジーザスやイージス、全てを倒さなければならなくなってしまう。

 作画の人が気迫みたいなものを絵で表現することに目覚めたらしく、強者はとんでもなく気迫を放つ描写になっている。




たかしげ宙作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3620-2f6e5f0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。