ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » ライジン×ライジン RISING×RYDEEN (2)(初美陽一)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ライジン×ライジン RISING×RYDEEN (2)(初美陽一)

ライジン×ライジン2  RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)ライジン×ライジン2 RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)
(2012/04/20)
初美 陽一

商品詳細を見る


ゲルよりもラブコメ

 ストレンジャーと呼ばれる異能者が若者に現れ始め、政府中枢はその管理に躍起になった。その生き過ぎをコントロールするために《眺めるもの》と呼ばれる政府の老人たちと契約し、異能者を管理する研究所を立ち上げたアリア・来武・エリノア・ヴァルターは、異能に憧れる中二病の高校生の下野根隆良をスカウトし、その、白濁ゲルをどびゅっとぶっかけるしょぼい能力にも拘らず、政府は津のストレンジャーのチームリーダーを任せてしまった。
 そのチームのメンバーは、ライターよりもしょぼい火を操る焔熾夜侘や、虫を一匹だけ操れるゲル好きお嬢さまの水仙花沙凪、そして最高クラスの能力者である雷神にして隆良の幼なじみの雷轟魅神だ。アリアも含め、何故か隆良に魅力を感じているらしく、グダグダ感はありながらも仲は良い。

 その輪の中に入り込んで来たのは、アイドル「キュアキュア☆ルリ~ナ」のストレンジャー葛代瑠璃花だった。初対面にも拘らず、隆良の好意を丸出しにアプローチしてくる様に、隆良は全く気付かないが、魅神や夜侘、ぶっかけてもらえない沙凪は面白くない。
 そして研究所の外にも変化の傾向が見られ始める。基本的に独立志向の強いストレンジャーの犯罪者アウトローに組織化の傾向がみられ、アウトローを成敗するストレンジャー王真燈矢が暴れまわる。その意図はどこにあるのか?

 設定と伏線に面白そうな部分もあるのだけれど、進行があまり好みではないというか個人的には面白くない。()で説明を付与するのも、うっとうしいからやめて欲しいな。




初美陽一作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/3611-1e982d7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。